効率的な勉強法は?
~独学、通信教育、通学講座~

宅建合格をめざすにあたって、勉強法は独学、通信教育、通学講座の3つにわかれます。
これまでのおさらいをすると、宅建の合格へのポイントは「合格点を狙う勉強」をすることと説明しました。
このことを考慮しつつ、説明していきたいと思います。


■独学
はじめに、独学で勉強する場合を考えていきます。独学の場合、すべてが自己流ですので、教材選び、カリキュラムなど正しい方法で効率よく勉強していくことがむずかしくなります。

つまり、ノウハウがまったくないところで勉強していくので、合格するのに時間がかかってしまいます。もし何年かかってもよいから、自分の力だけで合格したい人がいれば独学でも良いと思います。しかし、宅建受験生の多くは、仕事で使うことを目的としていますので、一発で合格して、すぐにでも仕事で活用したいという方が大半なのでは、と思います。


■通信教育
次は、通信教育について考えてみましょう。通信教育は、とても有効な勉強法だと思います。宅建は働きながら受験する人が多く、中々勉強時間を確保することは出来ません。そのような状況では、都合のよい時間に勉強できることが、非常に重要になります。だから、通信教育は良いのです。教材、効率的なカリキュラム、アフターフォローが用意されています。

問題は、どの通信教育を選ぶかだけです。これがとても重要で、一番慎重にならなければいけません。大手だからといって良いわけではないのです。(通信教育を選ぶポイントは、次のページでご説明します。)
簡単に選んで失敗しないように注意してください。


■通学講座
最後は、通学講座です。通学講座は、上手くいけばこれほど効率的な勉強はありませんし、失敗すれば時間・お金の無駄にもなりかねません。重要なのは、やはり学校選びです。

通学講座は、独学、通信教育に比べて費用が格段に高くなります。また、学校へ通う往復の時間もかかります。だからこそ、選ぶ際には慎重になっていただきたいと思います。できれば、良い学校を信頼できる友人・知人にうまく利用できれば、合格への距離が一層近くなります。