おすすめの通信教育

■通信教育選びのポイント
通信教育というと、簡単に大手の教材を選んでしまう方が多いようです。しかし、通信教育は、あくまで勉強して合格することが目的ですので、有名、無名関係なく講座の内容をしっかり確認して選ぶべきだと思います。このページでは、その選ぶポイントを説明していきます。


●講義
まずは、一番肝心な教材を確認してください。教材といっても、問題集やテキストはもちろんのこと、講義のCDやDVD、動画などが用意してあるかをチェックしましょう。これが、非常に重要です。何故なら、宅建のように範囲が広くて、理解する法律も覚える単語も多い試験は、効率よく勉強する必要があります。そこで、講義が自宅でも視聴できれば、法律を理解するのが断然早まりますし、学習のポイントもいち早くつかめます。逆に、これがなければ、独学とさほど変わらないといわざるを得ません。


●テキスト
次に、テキストも重要です。CD・DVD、動画だけでは合格できません。テキストは無駄な情報がなく、要点が図表にまとまっている、カラーのものを選びましょう。カラーになっていれば重要項目、学習のポイントが一目でわかりますし、図表にまとめられていれば複雑な法律の理解が早まります。


●フォロー体制
最後に、アフターフォローです。
法改正の情報はもちろん、質問ができるのかをしっかり確認しておきましょう。


以上が、通信教育選びのポイントになります。私のおすすめは、私自身も利用したフォーサイトです。
他にも、「通信教育」等のワードで検索すると、さまざまな学校が出てきます。気になるものがあれば、
ホームページを見たり、資料請求をして、ぜひご自分の目で上記のチェックポイントを確認してみて
ください。